取り扱いメーカー

line up

【Putter Shaft】PH SERIES

RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

PHシリーズシャフトは、
「硬く」「捩れない」をコンセプトにストロークの安定性とボールの直進性に
特化して開発されたRODDIOテクノロジー満載のパター専用シャフトです。

PERFORMANS(性能)

3種類の重量展開の意義
PHシリーズの開発に当たり意図したことは、プレーヤーがその日にプレーするグリーンに最適なシャフトをその場でチョイスできる「しくみ」の構築です。
そこで、グリーンの環境とシャフト重量の関係性に着目し、重量以外ほぼ同等スペックで設計したシャフトを何本も試作して、
フィールドテストやヒューマンテストを幾度となく繰り返しながら最適な重量差を導き出し、
3タイプのシャフトを開発しました。

  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

FUNCTION(機能)

独自のオーバーホーゼルを採用
一般的なスチールシャフトに対して、先端部を大幅に太く設計することで高剛性(撓らない),低トルク(捩れない)を実現。

● プレーヤーの感性にダイレクトに応える抜群の操作性を獲得。
● インパクトから得られる情報をプレーヤーに速やかにフィードバック。
● シャフトが無駄な動きをせずに、安定した打ち出し方向を確保。
● 芯を外した時にフェース向きが変わりづらく、打点ブレに強い。

等の効能が得られます。

  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

EXTERIOR(外観)

最高峰のカーボン格子模様仕上げ
高級スポーツカーの内装や、高級フィッシングロッドの外観にも採用されている、
目にも美しい細密なカーボン格子模様ですが、研磨工程が必要とされるゴルフシャフトにおいて原形を留めながら、
しかも全身に纏わせることは熟練職人の技が求められます。
外観にも一切の妥協をすることなく、所有者の喜びを引き出すことこそが、RODDIOが一番大切にしているスピリッツです。

  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES
  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

スペック

  • RODDIO【ロッディオ】【Putter Shaft】PH SERIES

RODDIO【ロッディオ】に関連する記事一覧

クラブメーカー (順不同)
PXG【パーソンズエクストリームゴルフ】
ヘッドメーカー (順不同)
RODDIO【ロッディオ】
RomaRo【ロマロ】
三浦技研【MIURA】
Masdagolf【マスダゴルフ】
BALDO【バルド】
FREIHEIT【フライハイト】
PRGR tune【プロギア チューン】
RAZZLE DAZZLE【ラズルダズル】
FUSO DREAM【フソウドリーム】
THREE LUCK【スリーラック】
VATIC GOLF【バティックゴルフ】
BUDDY【バディー】
EON SPORTS【イオンスポーツ】
DOCUS【ドゥーカス】
ADLLER JAPAN【アドラージャパン】
Modart【モダート】
JBEAM【ジェイビーム】
CRAZY【クレイジー】
TRPX
METAL-FACTORY【メタルファクトリー】
EMILLID BAHAMA【エミリッドバハマ】
GrandPrix【グランプリ】
A.F.D. Always Fine Distance
JP Golf【ジェイピーゴルフ】
シャフトメーカー (順不同)
三菱ケミカル【旧 三菱レイヨン】
FUJIKURA【フジクラ】
GRAPHITE DESIGN【グラファイトデザイン】
UST Mamiya【USTマミヤ】
日本シャフト【N.S.PRO】
TRUE TEMPER【トゥルーテンパー】
Threering【スリリング】
Design Tuning【デザインチューニング】
Basileus【バシレウス】
GRAVITY【グラビティー】
島田シャフト
KBS【ケービーエス】
DERAMAX【デラマックス】
Arch【アーチ】
RODDIO【ロッディオ】
RomaRo【ロマロ】
BUDDY【バディー】
CRAZY【クレイジー】
TRPX
FIND PLUS【ファインド プラス】
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷