取り扱いメーカー

line up

PP-W01 Passing Point NEO (販売終了)

三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)

軟鉄鍛造製法ではできなかった機能形状をミウラでは初となるSUS精密鋳造製法。本格的なウエッジ顔を持ちながら、極ワイドWソール&ポケットキャビティ形状をしたモデル。最大限にソールに仕事をさせる形状で、バンカーショットやアプローチがとても簡単に感じられるウエッジです。

SUS精密鋳造製法で初めて可能になった極ワイドWソール形状

もっとソールが仕事をするウエッジを—。Passing Point NEO Wedgeの最大のテーマはソール形状の追求でした。そのテーマに対して自ら出した答えは、今までミウラで追求してきた軟鉄鍛造ではなく、SUS鋳造という新しい挑戦でした。SUS鋳造だからできることを最大限に追求した結果、最大幅30mmという極めてワイドなソール幅とテクニックを生かすためのWソール形状でした。ソールがスイングを導いてくれるようなイメージで、誰でも簡単にバンカーショットやアプローチができるウエッジです

アンダーカットポケットキャビティ形状によるやさしさの追求

PP-W01はアンダーカットポケットキャビティ形状を採用することで、打点のバラツキによる飛距離の誤差を最小限に抑えています。またSUS特有の打感の硬さも感じにくく、インパクト時のフィーリングイメージとショットの結果がマッチするヘッドです。

上級者も納得できるミウラらしい顔のよさとスピン性能

機能性に特化したからといってミウラらしいアドレスの存在感を犠牲にはしません。ソール形状からは想像もつかないほど雰囲気のある顔をしたウエッジ、それがPP-W01です。フェース面にはCNC彫刻によるスコアラインやフェース面のPPマーキング・レーザー彫刻を施し、SUS鋳造ヘッドとは思えないスピン性能を手に入れています。

ギャラリー

  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)
  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)
  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)
  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)

スペック

  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)
  • 三浦技研【MIURA】PP-W01 Passing Point NEO  (販売終了)

三浦技研【MIURA】に関連する記事一覧

クラブメーカー (順不同)
PXG【パーソンズエクストリームゴルフ】
ヘッドメーカー (順不同)
RODDIO【ロッディオ】
RomaRo【ロマロ】
三浦技研【MIURA】
Masdagolf【マスダゴルフ】
BALDO【バルド】
FREIHEIT【フライハイト】
PRGR tune【プロギア チューン】
RAZZLE DAZZLE【ラズルダズル】
FUSO DREAM【フソウドリーム】
THREE LUCK【スリーラック】
VATIC GOLF【バティックゴルフ】
BUDDY【バディー】
EON SPORTS【イオンスポーツ】
DOCUS【ドゥーカス】
ADLLER JAPAN【アドラージャパン】
Modart【モダート】
JBEAM【ジェイビーム】
CRAZY【クレイジー】
TRPX
METAL-FACTORY【メタルファクトリー】
EMILLID BAHAMA【エミリッドバハマ】
GrandPrix【グランプリ】
A.F.D. Always Fine Distance
シャフトメーカー (順不同)
三菱ケミカル【旧 三菱レイヨン】
FUJIKURA【フジクラ】
GRAPHITE DESIGN【グラファイトデザイン】
UST Mamiya【USTマミヤ】
日本シャフト【N.S.PRO】
TRUE TEMPER【トゥルーテンパー】
Threering【スリリング】
Design Tuning【デザインチューニング】
Basileus【バシレウス】
GRAVITY【グラビティー】
島田シャフト
KBS【ケービーエス】
DERAMAX【デラマックス】
Arch【アーチ】
RODDIO【ロッディオ】
RomaRo【ロマロ】
BUDDY【バディー】
CRAZY【クレイジー】
TRPX
FIND PLUS【ファインド プラス】
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷