飛距離追求シャフトが飛ぶ?安定系シャフトは飛ばない?イヤイヤそこじゃない!ホントに大切なのは!

コラム
2022.04.08

T島です マスターズ開幕でございます。あー楽しみだなぁ タイガーも出てくれるし盛り上がるわぁ!マスターズウィークですがT島は山小屋に行きます。CS放送は映りませんけど、地上波、BSは写ります!あと移動の際も今年は、U-NEXTでの配信がバーンと長時間ありますので、こちらでもフォローできます。昨年のマスターズですね、月曜日の早朝3時に出て、車で東京に戻っていたので、何だか見れなかったけど

 

今年は大丈夫です!!

 

英樹!遠慮なく優勝して下さい・・・

我が家では、マスターズで松山英樹が優勝したら、宮本卓先生の一番大きいサイズのマスターズの写真を買う!と決めていたんです。まあドライバー3本分ぐらいするんですけど(汗)勢いで買ってしまいました

 

A2サイズなのでめちゃくちゃデカイです。飾る壁が無いので

引っ越し案件となっております(汗)

まあ今年は勝たないと思いますケド(汗)勝ったらまた買うのか? いやいやいや それ無理

T島の予想ですが

マスターズ優勝者予想
 
  • ◎ウィル・ザラトリス
  • ○ホアキン・ニーマン
  • △ビクトル・ホブランド
  • ▲松山英樹

ということにしておきます。タイガーに「無理しないでね」ってメールしないと(汗)

今週のYou Tubeはコチラです

ついにキター デザインチューニング ベクターです!!! いろいろなYou Tubeチャンネルでもその飛びが話題となっております。T島ですね、ゴルフサプリの連載でも

 

飛ぶシャフトなんか無い!エンジンは自分!

 

なんて言っております。それは間違いないんですよ!でも数字が良いってシャフトがあります。先日レポートしました、フジクラシャフトの

デイトナスピーダーX(あっそろそろ試打用入るみたいです)
 
T島ですね、ベンタスTRと同時に試打したんだけど、やっぱりベンタスTRに比べると飛んでました。このベクターも、手元しっかり目なんでしょ?とか思いながら打ってみたら、アレ?なんだか飛んでない? アレアレ???って思ったシャフトでしたよ。T島結果が良かったら我慢出来ないので、40Sとか40Xとかスゲースペック悩んだけど、結果が良かった40g台行ってみました。60g台と迷ったんですよね
 
飛距離追求シャフトと言うと、昔流行りました!クレイジーってシャフトがありました。
 
キャッチコピーは
 
最善か無か??
 
まさにこのシャフトの性格を表しておりましたけど、T島嫌いじゃなかったです。使ってました(ロングディスタンスTYPE2だっけ 覚えてないけど)なかなか飛びました。でも一発の飛びはあるけど安定感も欲しいよね!というのが飛距離追求シャフトの課題でした。このベクター君、飛距離追求シャフトと言いつつ、なんだか安定感がありました。ソコがスゲーなぁ なんて思うわけです
 
なんだろ??芯に当てやすい感・・・・
 
飛距離追求シャフトっていうのは、動くシャフトが多いんですけど、動きがあるけど当てやすい的な・・・
 
 
一方、T島がフィッティングに行って勧められるのが、あまり動かないシャフトです。
 
例えば・・・この2つ
 
 
フジクラ ベンタスTR、
三菱ケミカル TENSEI プロオレンジ1K
 
ガチでハードヒッター向けと言う触れ込みのシャフトですけど、ベンタスTRには5Rという50グラム台のRシャフト、TENSEI オレンジには50R、60Rもあります。こちらは、メーカー純正シャフトでSとかSRとか使っている方でもイケちゃうと思います。
 
こういうシャフトは何ていうんだろ??飛距離追求シャフトの対局なシャフトかなぁ なんて思うわけです。あんまりというかなんにもしてくれない(笑)でもシャフトって、そういうもんです(笑)エンジンのパワーを効率良く伝えるトランスミッションですから、でもギア比が合わないと上手くヘッドに伝わらないのですよ。
 
切り返しってなんだか 車だったらクラッチで・・・
 
その後はどうエンジンのパワーが伝わるか?ってトランスミッション・・・
 
って感じ
 
こんな事書いたら、T島何いってんだ?って思われることを承知で書いちゃうけど
 
フィッターって・・・
 
エンジンのパワー伝えるタイミングを計る(切り返しでタイミングが取りやすい的な)クラッチ部分をどう見るか?
そして繋いだ動力をどれぐらいのギア比でヘッドに伝わると効率がいいか?  トランスミッション的な部分
 
シャフトを見るときこの部分を見つけている気がします。
 
T島的には、クラッチにつなぐタイミングがわかりやすく、あとは自分で動かしちゃえ!って安定系のシャフトであるベンタスTRやTENSEIプロオレンジ1K、飛距離追求シャフトだけど、クラッチにつなぐタイミングがわかりやすく、あとはシャフトに任しちゃえばドーンと行ってくれるという ベクター的なシャフト、あっデイトナスピーダーXも同じ感じ
 
んで T島、どっちも結果が良いという感じでございます!!
 
飛ぶシャフト、飛ばないシャフトも、T島的言い方をすれば、上手くクラッチ繋がないと性能は発揮されません。その後のギアも大切ですが、大前提はどうつなぐか?つまりタイミングです。えーっとこのタイミングですが、使うと慣れます!
 
慣れれば良いじゃん!なんて思うカモしれませんケド、ここは本来のあなたに合ってないと、合わせられない状況(プレッシャーかかると合わせられないよー)担った時に困るんですよ。
 
大蔵ゴルフスタジオのシャフトフィッティング、候補を絞る時に2球しか打たないのは慣れるまえに判断したいのです!
 
まずはココが合っちゃえば、自分の好みでドッカーンと飛ばしたいのか?操りたいのか?選べちゃうわけです!
 
2022年前半は手元しなりが好きな方には豊作でございます。ステルス買ったけど・・・ローグSTかったけど・・・とモヤっている方はぜひご相談にお越しいただきたいです。まずはご予約を!!
 
ってことで
 
 
 
 
 
 
 
 

 

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(64)
コラム(254)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
大蔵ゴルフスタジオBlog(1)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷