賢い衝動買いの勧め。クラブを変えること自体リスクもあります。

コラム
2022.07.22

RECRUIT 中途社員募集!

 

えーっと東京国際フォーラムでレキシのライブを観に行ったT島です。稲穂買ったぜー 

と言っても知らん人は”レキシって何”って言うと思います。ライブが最高に楽しいんですわ。曲もアレンジもカッコいいのですが、歌詞に出てくる人はすべて歴史上の偉人でございます。ぜひ聞いてみてください。

T島ですね、昔から外見がイケてなかったので、いろいろな知識を身に着け、音楽やファッション、そしてスポーツネタ、雑学を学びトークを磨いておりましたT島です。

しかし残念ながら、外見がイケてない上にコミ障なので、広く一般的にモテませんでしたけど、それなりに頑張ってまいりました(なにがじゃ?)

逆にイケてる外見の人って、服がダサかったり、世の中のことが良くわかっていなかったり、イケメンに甘えているわけです。これはまあ美人に言えることかもしれません。まあ外見が全てでしょう。

そーいえば市川代表が眉毛を整えてまして、T島に「ねえねぇ どうどう?」って聞くがウザくて、「眉毛とかじゃねーだろ、まずはダイエット!あと禁煙かな!」とビシっと言ってやりました。いやいやソコじゃねーんだよ!

問題の程度を図り、優先順位を付けることというのは難しいようです(汗)

まあ、今更T島60歳直前なので、モテたいとかいう優先順位は低くは決してないけど、まあ無駄な努力に終わるわけで(正直)って考えたら、市川代表、意外と若い(俺が再婚した歳と同じぐらい)ので煩悩は尽きないはずです。(煩悩の有無は未確認ですけど)

はい、T島いい歳なんですけど、

 

”昔はよかった”

 

とか

 

”80年代最高”

 

とか言ってる場合じゃなくて、新しい音楽や知識を身につけて、死ぬまで頑張らないと、ダメかと思うんですよ。そーいえばT島の仕事も激動に変わっておりますが、いつでも「何でもやりますよ」と言って頑張りたいと思います。

はい、スチールシャフトだって変わっています!今回の動画はこちら

これよかったぁ コレ入れたい、運命の出会い的な、しなり感があるのにしっかりしていて、ボールがシューンと上がります。やっぱり新しいといいねぇなんて思うわけで。昔はよかったとかあんまり無いなぁ(不幸な人生なのか?俺)

えーっと

でもですねぇ・・・

まあそう言っても、新しい出会い、新しいクラブ・・が欲しくなる にんげんだもの

でも・・ホント正直言いますよ

新しいクラブやシャフトにバンバン変えまくるのは、オススメしません。

でもT島のブログとか読んでる人

 

 

「お前色々変えとるやないかい~」

 

と思うはずです。大蔵ゴルフスタジオにたまにいる時に、「コレ買っちゃったの」って大蔵ゴルフスタジオでフィッティングしたクラブ以外を持ってこられる方が意外と多くて・・・ゴルファーの浮気心に共感しかないT島ですけど

T島がクラブをコロコロ変えておりますけど、リスクは最小限に留める方法で変えます。

まず

 

ヘッドは変えても、シャフトは同じ

 

コレ基本です。毎年新製品が出たら買い替える人、ホント多いです。その時ってクラブごと変わってしまう人が殆どですけど、T島ですね、クラブごとは変わりません。ヘッドだけです!!!例えば、テーラーメイドさんのSIMを使って気に入っていた人が、ステルスを買ったとしましょう、ほとんどの方は・・

SIM→中古ショップ、もしくはメルカリで売る

そしてステルスを購入。コレが面白いのが、SIMを大蔵ゴルフスタジオでリシャフトしてたのに、それ売ってステルスは純正シャフトとか・・普通にあります。

あの・・・シャフトが変われば別モノと思ってください。最新モデルを買い替えて買い替えて、それを繰り返すと毎回、シャフトが変わります(ピンはほぼ変わってないけど)そしたらリセット再起動だよ! 純正シャフト地獄です。

純正シャフトですね・・

一応 

  • そのヘッド特性に合わせてある
  • 幅広いゴルファーにマッチする癖のないモノがほとんど
  • 重さも一番人気の重さ(やや軽め、硬さは柔か目)

という特徴があります。

ヘッドの特性にあわせてありますが、まずは自分に合わせたい!これがフィッティングの基本なのですが、幅広いゴルファーにあう特性にしてありますが、それってベターで意外と良いかもというものはあるかもしれませんが、ベストは選べんでしょう・・・

まあ打っていけば、そのシャフトに合わせて振れるすべを身につけることができます。でも それを手放してまた一からなんてことになります

あと同じシャフトじゃないと、ヘッドの違いって見えてこないんです。 ヘッドの特性をしっかり見たい時はシャフトは同じじゃないとよくわかなんくなります。

あと、シャフトですね 同じようにシャフトは変えてもヘッドは同じにします。そうでもないとシャフトの違いがわからないですから・・・これは、一般ゴルファーのみなさんにはあまり無いと思われます。

皆さんもシャフトだけ、フィッティングしてないものに変えることもあるかもしれませんが、元に戻れるようにしておいてください。

ゴルフクラブって

  • ヘッド
  • シャフト
  • グリップ

と基本パーツは3つだけです。全部変えるのが一番リスクが高いんですね。まあ元々フィッティングもしていないクラブだったら、振り出しに戻っても、振り出しも良くなかったのでリスクは無いという理論が成り立ちそうですケド(汗)

はい・・・まあ宝くじぐらい当たらないカモ

どんなに評判が良くても・・人気でもフィッティングしていないクラブってリスクがあることを覚えておいてね。買いたくなる気持ちはわかります。買ってしまっても良いです。

 

もしダメだったら、大蔵ゴルフスタジオにご相談下さい

 

ってことで

 

 

 

 

 

 

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(65)
コラム(275)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
大蔵ゴルフスタジオBlog(1)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷