夏休みボケのT島、シャフトメーカーの傾向と対策に取り組む。

コラム
2021.08.27

夏休み明けて、なんだかやる気が出ないT島です。宮城、岩手の旅に出たわけですが、東北の秘宝とも言えるゴルフ場を巡れて幸せでした。鳴子カントリークラブは、鳴子温泉の近くにあるゴルフ場で、サクッと行ってサクッと回れる感じ9ホールしかありませんが、アップダウンがあり表示距離よりも全然しっかり距離があるコースです。グリーン以外は野っパラですが、コレで充分。ラフは芝というより草が生えています。

 

このバンカーなんか名門コースみたいです。9ホールを2回回って5000円でお釣りが来ます。あぁあ この辺住みたい

そして、東北の川奈 といわれているらしい気仙沼カントリークラブ。 海が見えるんですけど残念ながら曇り。

コチラ土曜日プレーで8000円もしません(汗)

晴れていたらこんな感じになるはず。青空を合成してみました

うーん 晴れた日に行きたくなったなぁ こちらもなかなかガチでアップダウンがありました。担ぎでまわるとか、カートに乗らないとかちょっとかなり厳しいコースです。

んで、岩手のメイプルカントリークラブ

金田武明先生の設計です。金田武明先生と言えば、ゴルフ雑誌のアルバトロス・ビューに連載されていた、「上がってなんぼ、泣くな太一」で雪の中でグリーン位置を探すというシーンに登場する「クラブ・シェイクスピア・サッポロGC」もこの方の設計となっております。↓このホール このコース、ベントのワングリーンなんですけど、2つグリーンが見えます。どっちに打っても良いという。自分が決めて~的な・・・

あの、1つで充分かと思うんです。T島的には、どうして2ついるのか?面白さがわからない(汗)

コチラかなり高級でした。えーっとアイキャッチの写真の写真はこのコースの19番ホールの写真です

そして・・・

宮古カントリークラブ リアス式海岸に作られたコース

海が見えます。海超えのPAR3です。こちらは18ホールで、この地域のゴルフコミニティの中心のようで、練習場には地元の方がいっぱい!クラブハウスの中にはゴルフパートナーが入っていました。

東京に住んでいると、ほんとコースが遠いんですけど、近所にこんなゴルフ場があったらいいなぁぁ なんて思いました。皆さんもゴルフの旅に出てみませんか?あのぉ関東で仕事して普通に生活しているより人に合わないですよ・・・

この旅には、中古を衝動がしていしまったコチラを持っていきました

はい!PXG 0811X GEN4ドライバーです。ヘッドだけ中古で買いました! 以前打った時に好感触だったからです。フェースに乗る感じがとっても良かったので、今回の旅ではシャフトがイマイチだったので、自分にあってるシャフトを入れたらかなり良くなるはずです。数発 激飛びしたんですよね・・・ボール探しに行ったけど見当たら無いみたいな・・・もっと先に行ったら見つけてビックリみたいな

皆さんぜひチェックしてみてくださいね

さてこちら公開されております

 

シャフトメーカーさんごとにどんな特徴があるか?動画にしてみたんですね。あなたにぴったりなシャフトはもしかして、最新モデルではないかもしれません!ということを動画でも、この特派員ブログでもしつこく書いています。実際、2021年の上半期のデータを取ってみて、ゴルフサプリの連載の記事にしてみました。そしてメーカーさんごとで実は色々と傾向がありまして、シャフト選びの参考になれば嬉しいなぁ~なんて動画にしてみたんです

 

どのシャフトメーカーが良いんですか?

 

なんて質問を昔はよく受けました。何処かが抜群に良かったら、こんなに多くのシャフトメーカー要りませんよね(汗)最近はそんなこと言う人が減ったなぁ(T島には怖くて言えないのかも??)でもシャフトメーカーさんって意外と得手不得手もあるし、製品に特徴があるんですよ。元調子が得意とか・・・T島もあのメーカーのしなり感が好きとかってのはあります。コレ好み! 俺の好みだからこのメーカー最高!なんてのは、プロじゃないわけですよ。T島の好みなんて大した価値なんかございません(笑)

そんなシャフトメーカー各社のシャフトを紹介しながら、ゴルフサプリよりも少し突っ込んだ話をこのYou Tubeではしています

T島ですが、シャフトメーカーさんといい感じでお付き合いさせていただいておりますが、グラファイトデザインさんとは何故かあまりご縁がありませんので、T島ブログではなかなか記事になったりしなかったりします。こういうのは、テストしてみませんか?とか新製品試打会お越しになりませんか?などのやり取りがあって、記事にできるわけで・・・メーカーさんのご行為があってこそ早い試打インプレッションができるんです。グラファイトデザインの場合は、大蔵ゴルフスタジオさんで「ちょっと打たせて」という発売後の試打となり、T島のテンションが下がってあまり記事にならないんですね(汗)

と言っても・・・好きなシャフトが多いんです!!

というのも手元のしなりがわかりやすいシャフトが多いからですね

最近ではツアーAD XC! ツアーAD IZなどT島使ってました。(どちらもフェアウェイウッド)ホントはドライバーに入れたかったなぁ

 

 

あとですね、古くはツアーAD BBとか、DIですね!あとフェアウェイウッドにはPTを使ってた頃が一番得意だったなぁ

 

ホント好きなシャフトばかりでした! 昔はG007とかブルーGとかグラファイトデザインさんにお世話になりっぱなし!YSシリーズも好きだったなぁ

T島の野望は秩父にあります、グラファイトデザインさんのテストセンターに行くことです。行ってみたい!

こちらのメーカーさん、素材のことや製法についてはほとんどコメントしないんですよね。新製品の説明などもイメージ先行って感じですが、自社の各シャフトについては、細かいポジショニングと説明をされていて、Webサイトでシャフトの特性がわかりやすいです。まだまだWebサイトは進化するようなので楽しみです。

ということで・・このシャフトメーカーの傾向と対策 続きますので来週の火曜日の公開をお楽しみに! では

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(59)
コラム(216)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷