ライ角大切ですよ!(何度も言うけど)

コラム
2022.03.18

59歳のT島です。先日大蔵ゴルフスタジオで一日店長を勤めた石山千晶プロから

お誕生日おめでとうメッセージを頂いてテンションが爆上がりしました

 

爺さん嬉しい(泣)

石山千晶プロのInstagramフォローしてあげて欲しい ↓BS朝日の女子ゴルフペアマッチ選手権にもまたまた登場するようです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Chiaki Ishiyama(@chiaki_ishiyama0428)がシェアした投稿

 

 

 

えーっと昨日(3/17)ですね。ベンタスTR発売となっております。そう言えば先週はTENSEI プロオレンジ1Kが発売されております。T島すでにこちらの試打シャフトを愛用しております。ベンタスTRも打ちたいぞ!

んで・・

T島的にはコチラが気になってます

 

T島が大好きなデザインチューニングさんのシャフト VECTORです。このシャフト飛距離が伸びると話題です。T島も打ってみましたけど、なんだか数字が出ちゃうんです。手元がしっかり目なんですけど、意外と打ちやすいのは、軽めの重量 40,50g台かと感じました。手元しっかりしてるけど、クッ!とタイミング取りやすいポイントを感じる!

こちらYou Tubeにてフィッター金子がインプレいたしますのでお楽しみに!

えーっと、今回のYouTubeですけど

はい。昨年からメーカーカスタムには採用されていたNS850NEOがようやく発売されました。こちら意外とハマる人が多いかも?!NS850とは一味違うNS850NEO面白いです。NS950などの軽量スチールがちょっとしんどいな・・・と思った人は、フィッティングを受けてみて下さい。

もしかしたらNS850NEOハマるかも・・・・

もしかしたらカーボンかも・・・・

T島はカーボンが好きなんですけど、NS850NEOを打ったら、スチールもいいななんて思いました。今普通の850を使っているんだったら、ちょっと硬く感じるかもしれません。フレックスを落としても良いかも・・まあ大蔵ゴルフスタジオには全フレックスあるので、フィッターがきっちりと導いてくれるでしょう。

昨日ピンさんのウエッジの発表会に行ってきたんですけど・・・

GLIDE4.0というウエッジがでます

その際に展開しているキャンペーンがこちら↓

ピタッと決まるあなたのライ角!

ピンと言う会社は、ライ角にこだわっているんです。T島的にはぶっちゃけ

 

「なにをピンさんいまさら(ジロー)」

 

だってピンさんはピンeye2という大ヒットアイアンをこの世に出した40数年前から、ライ角にこだわていたんですから。40年前から最適ライ角と謳っていたのに・・

と思って今更って思ったんだけど、逆を言えば凄い昔からライ角の重要性を謳っているのに、まだまだ伝わっていないということだと思うんです。だって世の中にはライ角が調整できないアイアンが五万とあるからです。ピンは、ライ角が簡単に調整できない素材でできているアイアンは、ライ角が違うバリエーションを作って対応しています。

素晴らしい!もちろんウエッジだってそうです!

日本のメーカーさんの大ヒットアイアン。ライ角調整できませんけど、ライ角のバリエーションがありません。でもホントに大切なことなんですけど・・・

市販のアイアンで意外と調整できることが少ないんです。とっても大切なのに

ライ角がぴったりじゃないと、芯に当てることも難しくなります。

↓この写真ライ角があってないアップライトすぎるんですけど

この状態でインパクトすると、芯の位置が高くなっちゃうので、ボールと上手くコンタクトできませんよね?

逆もまたしかり

ウエッジだとどんなにソール形状にこだわって買っても、ソールが地面にちゃんとあたらないと、ソールの機能が正しく発揮できません

ということで、ライ角ってホントに大切なんです。ピンさん以外のメーカーさんはあまり熱心ではありません。もちろん軟鉄鍛造などは調整ができますので市販のアイアンでもきっちりとライ角を合わせられるものがありますよ。

大蔵ゴルフスタジオは、パーツメーカーさんのヘッドを使うことが多いですが、ライ角調整できるものを選んでます。そして納品時のアフターフィッティングで、しっかりとライ角調整します。

ライ角が変わると見た目もかわるのですが、大蔵ゴルフスタジオ得意のネック調整で見え方も調整します。

ピンは40年前からライ角の重要性について啓蒙しています。素晴らしい!! そして今も再びライ角について会社をあげて取り組んでいます。

大蔵ゴルフスタジオでアイアン、ウエッジを作られた方、今から作ろうとする方

安心して下さい。当たり前のように大蔵ゴルフスタジオではライ角をきっちり調整してお渡ししています。

当たり前のことを当たり前のようにやるのは意外と難しいのです。

ってことで

 

ライ角大切です

しつこいけど大切なので覚えておいてね

 

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(64)
コラム(254)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
大蔵ゴルフスタジオBlog(1)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷