フェアウェイウッドのシャフト選びとウエッジをビシッと決めたい人に捧ぐ

コラム
2022.06.03

T島です。6月に入りましたね。梅雨ってくるのかなぁ ゴルフ行きたいです。最近いい感じだな!とか思ってたらシャンク出たりしてなんだか悲しいんですけど、たぶんアレは幻だったんだ!と思うことにしています。

えーっと そう言えばコレを打った!

スリリングさんから今日?(2022年6月3日)発売されます

ポール・トゥ・ウィン(ポルウィン)です

スリリングさんのシャフトにはアートラインとスポーツラインという2つのラインナップがありますが、こちららはスポーツラインの新作です。スポーツラインと言えば、T島とフィッター金子が大絶賛の

ギアチェン

というハードヒッタでなくても使いこなせる手元調子感なシャフトがあります。フィッター金子ですが、色々なシャフトを打って、手元のしなり感がハマりそうなシャフトを打つと

「これ好き・・・」

と言うのですが・・・

 

「でもやっぱりギアチェンが好き」

とかなりのお気に入りです。T島もなんだか色々打ってどれが好きだかわからんようになったら、ギアチェンを入れてリセットします。なんだか安心感のあるシャフトです。

んでポルウィンですが、まず色が良いですね。ルマンで勝ったフォードGT40のような色です!!! ”僕も好きですますや味噌”と言っても、広島の人以外はわからないと思います。(広島ローカルなCMです)デザイン的には最高です。

試打用はとりあえずSだけ作ってあったので、サクッと打ってみました。ギアチェン好きには手元が締めてあって、ムムっと思うのですが嫌いじゃないです。なんだろうね、他社を出して悪いけど、フジクラのベンタスブルーが好きな人がベンタスTRを打った感じ・・・

でもこの剛性感を感じると頑張って振ろうと思うわけで・・嫌いじゃないです。たぶんSRにしたらハマりそうな予感がします

インパクトでお尻が前に出るスイングの人に対応だとぉ

俺じゃん!!

おおおおおおお 

残念ながらYouTube動画をこの間、バーンとまとめて撮影したので結構先になるかもしれませんが、またYou Tube動画撮ります 

確かにインパクトが安定するイメージありました。先端剛性が高い気がする。あと感じたのはフェアウェイウッドに入れたら良いんじゃないかな?というとこです。なんとなくなんですけどね。それを感じました!お値段が66000円(税込み)ということで

ドライバーは最高だからフェアウェイウッドに入れたい!と思った瞬間に凹むヤツです。何故なら3本行くと20万コースですから・・・

あれ?最近凹んだなぁ ああああデザインチューニングのベクター。その前は・・ああスリリングのギアチェンだった。でもきっとフェアウェイウッドでもいい感じになります。フェアウェイウッドのシャフト選びって難しいけど、一度素敵なシャフトに出会ったらどんなに高くても。

そのチャンスを手放しちゃダメ!

もちろん、高いシャフトじゃなくても良いです。ハマったものが見つかれば・・でもなかなか見つからないんです。T島ですけど振り返ると、数本しか無いかも・・・

以前ですね、たかの友梨ビューティクリニックのたかの友梨先生の講演を聞いたことがあるんですけど・・・

こんな事をおっしゃいました

男とバスは追いかけちゃダメ

どうしてですか?

次がまた来るから

と言われいました。ほぉと思ったんですけど、参加されてた女性が、でも”最終バスだったらどうするんですか?”とツッコミをそしたら、たかの友梨先生すかさず

大丈夫、次の日始発が来ます

はい。次また見つかるんですけど、結構大変なんで、追いかけなくてもいいけど、要らないクラブ売っぱらって!やー!で勝負かけたほうがいいよ・・・

長く使えますから・・

でも大蔵ゴルフスタジオではまずはフェアウェイウッド用シャフトをまずは勧めております。お値段お手頃だし、財布の負担が少ないからね。その辺はフィッターに聞いて頂戴

えーっと今週の動画は三浦技研のウエッジです

このウエッジ面白かったです。ちょっとグースがあってバンスがあるのに抜けるという面白いウエッジ。かなり好きかも?!56度、58度しかないんですけど、パーツブランドのアイアンを作る方はPWの次の番手。例えばPXGだとGWって名前なんですが、そこまで入れてあとはSWという方意外と多いんじゃないでしょうか?T島もPXGはGWまで作って、その後、他社のSWを入れていました。

ウエッジってどれも同じでしょ?と思う方が多いんですけど、ホント色々打ってみると違いが凄くわかります。アイアンセットのウエッジを使っていて、アプローチが苦手になっているゴルファー意外と多いんです。

ヘッドは

  • オフセットの加減
  • バンスの量
  • ソールの削り方
  • ヘッドの重さ

と意外と要素がありますし

シャフトも

  • 重さ
  • 硬さ
  • しなるポイント
  • バランスポイント

と色々打つとビックリするぐらいかわります。もちろんなんでも打てちゃうよ!とか今ので充分と思っている方は少なくないと思いますが・・・・

ビシッ!

っと決まったウエッジほど武器になるものがありませんので

ぜひフィッティングを

ってことで

 

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(65)
コラム(275)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
大蔵ゴルフスタジオBlog(1)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷