はるばる来たぜスコッツデ〜〜〜ル!!!

コラム
2018.03.06

えーT島です。昨日のブログに書きましたけど。アリゾナ州はスコッツデールへ来ております。内容はもう少し秘密・・・まあスコッツデールと言えば、だいたいお察しはつくでしょうけどね

T島、特派員ブログで、1人での海外が不安と書いております。一人っきりで海外に行ったのは、ハワイへ2回だけです。まあハワイは日本語結構通じますし、日本人が観光に来ることを前提としている街です。そして乗り換えがありません。

T島ですが、ハワイは8回、アメリカ本土は今回含めて4回、タイ1回とまあまあ海外に行ってます。しかし今回は久しぶりの海外、それも仕事、そして1人というのでちょっとビビっていたのです。初めて海外がタイ、その後ニューヨーク、ハワイは25年以上前、そして20年前ぐらいにはハワイに集中的に行き、最近はPGAショーがらみの仕事と言う感じです。

1人で行くのは20年ぶりぐらいなんですね。そして仕事と言うミッションがあるので、カメライロイロとPC、そしてお土産(ワインなど、通関以降買ったものでないと機内持ち込み出来ない)があるためにいつもは、荷物は機内持ち込みにして預けないことが多いのですが、仕方なく預けます

布のスーツケースに、お土産を入れるのが怖くて、Amazonのタイムセールで買うという(7000円)

寂しいので、いろいろ持っているステッカーを貼ろうと思ったら意外と持ってない

うーん困った。ということでデザインがカッコイイ、KBSシャフトのシャフトバンド(シャフトに貼るやつです)を貼ってみました。まだまだ寂しい感じですので、貼って欲しいメーカーさんは大蔵ゴルフスタジオにステッカーを送りまししょう。ゴールドファクトリーのステッカーなんか、誰も持ってないはず・・7年前ぐらいに貰ったもの。

ホントはコレが欲しかったんだけどね↓ ブリーフィングのカモフラ柄のスーツケース

まあ年に1回も使わないし

ということで日本時間の3月4日出発の当日を迎えたわけです。えーっと気持ち忘れ物をしましたが、あたふたとJRに乗り込みましたが、降りる直前山手線が運転を中止。巣鴨かどこかで何かあったようですが、最寄り駅の品川まではしるという強運、そこから京急で、羽田国際線ターミナルへ

羽田国際線ターミナルって初めて・・・国際線ターミナルって雰囲気が違います。まあチェックインカウンターが違う。航空会社の人も日本の方か、海外の方かもよくわからない感じで、いきなり自動チェックイン機で行列が・・・T島は予めWEBでチェックインしていたので、荷物を預けるだけ・・・

そして軽く両替して・・・

 

寿司でも食べようかと思ったんですが・・・・なんか国際線ターミナルってすべての食物が怪しく見えるのです(偏見?)なので我慢して乗り込み。映画をいろいろ見つつミネアポリスまで辿り着きます。

今?

フェニックス行くのに ミネアポリス経由?

と思ったあなた・・・詳しいじゃないの!・・T島今回の取材は、交通費が一切でないのよ(泣)T島の個人的なマイレージを使っての旅です。まあマイルがあるから行くという事情もありました。 ちなみにフェニックスと言う街には、日本から直行便がありません。どこかを経由してたどり着かないといけないのですが・・・デルタ航空のマイレージが溜まっているT島、デルタ航空のわかりにくいWEBページで調べると・・

往復75000マイルとか使えば行ける!的に書いてあり。75000マイルならいいか!と思って「行きます!!!」といったんですけど。真面目に調べてみると

75000マイルだと乗り換えが3回・・・

24時間以上かかるわけで・・・通常日本からフェニックス行くなら、LA経由が理想。LA経由だと115000マイル

ち・・・結構する!!!

まあいいか〜。仕方ないじゃんね!と思って更に調べると、ミネアポリス経由だと100000マイルと出ました。ミネアポリス経由だと、LA経由よりも時間がかかるんだけど、LAのが国内便の乗り継ぎの時間の都合でつく時間はほぼ同じ、ミネアポリスは1時間半早く出れば、LA経由とかわらないので、こちらにしました。

ミネアポリス?って今年強烈な印象がありまして・・・

この取材が決まる前に、スーパーボウルを観たのです。NFLのスーパーボウルね。会場がミネアポリスで、ハーフタイムショーが、ゴルフ大好きジャスティン・ティンバーレイクだったんです。マジこのハーフタイムショーが近年稀に見る(毎年すごいのに更に上を行く)素晴らしいパファーマンスだったわけです!!!んでね、ジャスティン・ティンバーレイクがプリンスの曲を演ったんですけど、ミネアポリス出身だからでしょ! 本人はでれないわけですよ(鬼籍に入ってますんで)それを凄く尊敬の念を感じつつコラボしたシーンが有りまして

↓こちら観てない人はぜひ!

 

泣ける・・

(byハリー・キャラハン)

ホント・・スーパーボウル史上に残る名シーンだったんです。俺は松山英樹が左手首の違和感で欠場した、ウェイスマネジメントフェニックスオープンのチャンネルを変えた後に、このシーンを観たわけです。

普通これぐらいの感動体験をすると・・・

俺はミネアポリスに呼ばれている!と自意識過剰なやつが言うわけですけど・・T島は、ヘタレの王道を行く者ですから、ミネアポリスって、うーんプリンスの出身とか、スーパーボウルやった意外に全くわからない。しかし

なんとなくね

 

運命・・

(安いサンダルは履いていません)

を感じてルートを選んだわけです

乗り換え時間が2時間半だったんでいいかなと思ったら。

結構ギリギリじゃね?

とか無意味に脅されて・・

T島、性格的に不安症なんです・・・機内で乗り換えって普通最後に入国審査があるんだけど、アメリカは最初の滞在地であることを知り・・(ってPGAショウの時に2回もやってるくせに)不安に襲われます。昔は飛行機に乗ると、入国審査に向けての紙を配って、皆さん機内で書いていたんですけど、今は誰も受け取らない・・・

Web検索すると・・・なんかよくわからないので、なんかあったらいけないので紙をもらってボールペンを借りて書くわけです。最近そんなことした覚えがないわけですが、1人だと不安で・・・

正確にはESTAがあれば不要みたいです。そして入国審査もESTAがあれば、アメリカのパスポートを持ってるレーンでオッケーなんですわ(知ってるわ!って スイマセン)なんか入国審査の前に、パスポートをかざして写真撮って、指紋を撮る自動販売機みたいなマシンがあるんですが、これが上手くいかない!

ままよ!(よく昔の漫画に出てきたセリフ。実際に使っている人を観たことないです?東京弁??)

と思い笑顔で、NCISのリロイギブスを崩したようなオジサンのところへ行くと、想定していた会話の1割ぐらいで、アッサリと入国・・

問題もなく

フェニックスへ到着。

案ずるより産むが易し!と思っていたらUberの乗り場がわからない。警官みたいな格好したおばさんが、話しかけてくれてUberの乗り場まで連れて行ってくれました・・・

んでアメリカ発Uberでホテルまで・・車内では、いろいろ話しかけられたんだけど、ほとんど聞き取れないね。なんども聴き直すと・・ギャンブルするのか? カジノたくさんあるで!とか スコッツデールはキレイな街だろうとか・・・そんな事を言っていた。そして

俺の英語は通じない・・

ということがわかった(泣)まあ何度も聞き直せば、それなりに通じる

気合勝負

ってことです

ホテルで明日行く会社のスタッフと合流できて

アリゾナ的な食べ物を食べました

はい。ゴルフのこと殆ど書いてません。T島的珍道中でしたが

次回ついにこの度の全貌が・・・・

では次回を

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(65)
コラム(267)
メディア掲載(27)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(22)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
大蔵ゴルフスタジオBlog(1)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷