2019年の新しいシャフトについてウダウダ書いてみた

コラム
2019.08.10

暑いですね。T島はお借りしているプロギアの空調服。エアーコンポで熱中症にならずにゴルフが出来ています

こんなにクソ暑いのにに夏が大好きという人は、”もう風が秋だ”と悲しんでいるようです。

それは何となくT島もわかります。ちょっと空が変わりましたね。ということで

⇩この試打会が開催される頃には、涼しくなっているはずです(しらんけど)

ロマロ試打会 in フルヤゴルフガーデン(淵野辺)

そして、リサオ君の似顔絵ですが、リクエストが多くて・・・

予約制にして3日間リベンジマッチするらしい

予約制です。リサオ君は希望者が殺到しても、手を抜きません。そういう人です、予約制にしたのはプレッシャーがきつかったからかと・・会話を楽しみにつつ描いてもらってね

さて、バンバンと新しいシャフトが発表となっております。
その最新シャフトからすると、アレチョット古くない?と思われるかもしれませんが、あまり情報のないシャフトこそ皆さんにお届けしたいわけです

なので観てね⇩クリック

 

T島ですが、今、この動画↑でもMr吉田が言ってますが、TRPXのアフターバーナーがエースに収まっております

何度か書いてますけど、タイミングが取りやすく、捕まり具合が絶妙なんですよ。
低スピンドライバーと組み合わせるととても扱いやすいと思います。

フジクラのMCFですが、フェアウェイウッド専用シャフト。Mr吉田によると、MCシリーズのシャフトとは流れが違うようです。

フェアウェイウッドのシャフト選びも難しいですよね。フェアウェイウッド専用シャフトも各種出ています。

専用シャフトチョット安めなんですよね・・

三菱ケミカルにはディアマナ サンプというフェアウェイウッド専用シャフトもありまして、こちら人気みたいです。

前回ユーティリティのシャフト選びが難しいって動画作りましたが。フェアウェイウッドも難しいんです。

ユーティリティと同じ感じ・・・ この選ぶウンチクってのがありまして、コレは動画のネタになるなぁ・・最新シャフトの試打インプレッションというのは、ブログやYoutubeにたくさんあるのですが、なかなかフェアウェイウッドやユーティリティは無いですよね。どっちかと言えばマイナーな感じで、工房のオーナーが気に入ったやつを勧める的な感じになってるかと・・・

こういう動画作ってみたいなぁ。ニッチだけど(汗)

今年の大手メーカーのシャフト 全貌が見えてきましたね

フジクラ スピーダーエボリューション6

 

そして

三菱ケミカル ディアマナZF

そして 

グラファイトデザイン ツアーAD XC

USTマミヤからはATTAS 11(ジャック)と言うのが出るようですが、まだ正式発表前となっております

こういうシャフトの試打インプレッション動画って、すごく数値稼げるんですけど、みんながやってます(汗)一応そういうのはやりたいですね。

T島全てガッツリ打ちました。

まずスピーダーエボリューション6ですが、今までエボリューションの偶数番手を使っている人にはオススメです。
特にエボ4を使っていた人で、良い時とあるなら凄く良いんだけど、なんか打てなくなる時があるって人に、オススメ。エボリューション6のほうが、シャフトがしなる感じがします。
エボ4って凄く良いんですけど、シャフトがかなりしっかりして感じるので、アレレって打てなくなる時がある(それはT島のことです)

手元のしなりもあるし、先端も気持ち動いてくれます。叩ける!左に行きにくい!ボール初速がガッツリ出るタイプではないですがスピン量が抑えられる。

そして・・

ディアマナZF これは手元はしっかりしているのですが、その下側がしなります。
そしてそこからバーンとしなる先端はしっかりしてる感じがする。
クイッと先が動いて捕まえてくれる感じじゃなくて、全体的に捕まえてくれる感じ。とてもコントロールしやすい印象があります。

フェアウェイウッドにもいいかなコレ

こちらも、振った瞬間。おお!次は頑張らねばという歯ごたえがあります。(これは50g台以降)これも50SRかな

そして

ツアーAD XC T島、新しいJGRに入ってるのを打った時、これは良いねと思いました。
でも新しいRMX打った時、これはキツイなと思ったんです。結構しっかり目な印象で、捕まりを抑えてくれます。

つかまるJGRだといい感じなのだけど、RMXだと頑張らないといかん感じ。ツアーADのBBに近い感じです。
入れるヘッドを思案しちゃいますね。
T島なら5のSRぐらいと、気持ちフレックスを落としたい。

こちらのシャフトたちですが、吊るしのドライバーにカスタムシャフトでガッツリと入ると思います。
カスタムシャフトも60のsから50のsが選べるメーカーが増えてきました。
でもねやっぱり、ちょっと硬いんです・・・世の中にはそんなにハードヒッターが居るの?と思うわけですが

やはり・・・

もうちょっとバリエーションが欲しいですよね。

ということで、市販の吊るしのドライバーですが、純正シャフトはヤワヤワ、カスタムシャフトは結構ハードという二極化が進んでいます。

二極化を感じたら、大蔵ゴルフスタジオのフィッターに相談してほしいと思いました。

今年の新しいシャフト 各社同じ傾向なんですよね、手元が硬くて先端が動いて捕まえるシャフトが好きな人にはちょっとなぁ〜・・・そんな人は今回紹介したUSTマミヤのハドラススマッシュなどいいかな どっちにせよ大蔵ゴルフスタジオに相談してほしいと思います

ということで9月に入りますと新しいシャフトの試打用も出来上がると思わますんで、フィッティングに来てね

ってことでまた

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(43)
コラム(115)
メディア掲載(23)
メーカー紹介(8)
ニュース(6)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(21)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷