ゴルフ合宿のススメ:標高1,100mの爽快高原ゴルフ<後編>

コラム
2019.07.12

こにちは、リサオです(=゚-゚)ノ

 

前回ご紹介した、長野県佐久市にあるサニーカントリークラブについての続きです。緑と青に囲まれて命の洗濯じゃぶじゃぶできるところです。こんとき雲の移り変わりが凄かったの。1〜2枚目はいわゆる彩雲(さいうん)。昔からこれが現れると吉兆とされてるけど、実際はありふれた気象現象なんだって。そのわりにそんなに見たことないけどなー。ただ、この雲は水平に横長でちょっと上に反りかえってるので、たぶん彩雲というよりは環水平アーク(かんすいへいあーく)と呼ばれる大気光学現象だと思います。そんなこととはつゆ知らず、とっさに「あ!さいうん!」って思ったせいで、ずーっと脳内で「せいうんそれはーきみがーみたひかりー」って鳴ってて調子狂った。「かんすいへい」ってちゃんと思ってれば歌は出てこなかったのにな。でもそれはそれでそういう名前の人を創り上げてたかもしれません。妄想癖は厄介です。それはさておき、なんと言われようとも、虹色はさ、実際に目の当たりにするとやっぱり特別感があって吉兆って感じがしてコーフンしますね。

 

お次はつぶつぶのうろこ雲、またはいわし雲、あとさば雲。いずれにしてもオサカナ関係ですね。正式名称は巻積雲(けんせきうん)。地震雲って思ってるひといるけど、そうじゃないらしいです。雨は関係あるっぽい。あああー木々の緑と空の青との調和がステキすぎますー♡

 

最後のこれはよくわかりません。巻雲かな。でもこんな激しいの初めて見た。命名・『暴れ雲』ってことでどうかしら。強風でもなかったのにな。山は不思議だな。

 

脳内で音楽が鳴るといえば、ここはサニーCCですから、とりあえずBobby Hebbの名曲『Sunny』はヘビーなローテーションでした。基本的にいつも脳内では音が鳴ってるんだけどなかなか共感してもらえません。

 

山と雲の稜線のおかげもあって、9番PAR4は私の中では No.1 シグネチャーホール

 

そして高原感満載な小屋

 

12番、谷超えPAR3も雰囲気ありました。時間帯によって差す光がいろいろで表情が変わるんだろうなあと。とにかくグリーンの向こうが『壁』になってるホールが好きなのです。それが緑の山でも岩山でも背の高い並木でも。

 

全体的にリゾートコース感のあるホールが多いなか、唯一のややこしいホールは、そのややこしさが看板にあらわれてました。「池があります」じゃなくて「池が待っています」。待たれているのです。超右ドッグ。落としどころが狭かった。ティーショットは赤ティーからもサニーティーからも難しかったです。待たれてる池にビビリまくって右にパカーンと行って、2打目まで右に行って、右ドッグ攻略できず。2日目はたまたま誰にもオススメできない裏街道を見つけたけど攻略はできず。 わかりにくいけど、右のカートの先で右に急カーブ。 そしてカーブの先。ギリギリセーフの黄色いボールが見えるでしょうか。

 

なんでビビっちゃうんだろうね。 いつもみんなに言ってるのに。 「命とられるわけじゃなし」ってさ。

 

いいのいいの。ボールが曲がっても池に落ちても。だってここは涼しくて気持ちのいい高原だから!

 

しかしですね、サニーCCの魅力はこんなもんじゃないんです。まーこれが練習施設が充実しまくりなのです。というのも、経営が変わって、新たにトップに立つ方はバリバリのゴルファー。当然ゴルファーの気持ちがわかるわけで、合宿できるだけの宿泊施設があるんだから練習環境を整えなければ!と奮闘してくださったのですね。ちなみにこのかた。サニーCCで見かけたら「あ!似顔絵の!」って言ってみてください。きっとはにかんでくださいますから。

 

新しくできた練習施設はその名もサニーCCゴルフレンジ。本コースをプレーするひとだけでなく、外来のゴルファーも利用できる施設なのです。

 

◎天然芝からの打撃練習や、クロスバンカーからの打撃練習も可能な 300ヤード(15打席)のドライビングレンジ
◎アプローチ、バンカー、パッティングなどの練習エリア
◎テラス席完備の専用センターハウス(2段ベッドあり)

 

そして!
◎営業時間内であれば回り放題で練習可能な6ホール(PAR23、1,852ヤード)のプラクティスホール。これがスゴイ。もともと浅間コース9ホールだったところを練習用にするという贅沢さ。

 


双子のリリーズはっけん。
プラクティスホールの出だし。いきなりモーレツな打ち下ろし。
グリーンは本コースと同じく整備されています。
オーディアー!
このホールは、一日中レッスンに使うことも可能。その場合、他の利用者はこのホールをスキップして次のホールに進みます。大好きな林からの脱出ショットを心置きなく練習できますなあ。

 

アオゲラがいましたよー!キレイ♡正面から確認できなかったので雌雄はわかりまへん。アカゲラとかクマゲラとか、『ゲラ』とつくのはキツツキの仲間。だから木にひっついてるのですね。

 

そして落日のコース。こんな情緒のある光景を見られるのも泊まりの合宿ならではです。いつも渋滞がいやですぐに帰っちゃうからこういう趣のある光景を見逃しているのですよね。ラウンドと、練習と、景色と、そよ風と、BBQと、くつろぎと、トークを満喫しました。夏の間にまた行きたいな。

 

そして引き続き、その名も大きく『リサオの世界』展を開催してまーす。この時間割で、17日以外は在廊しております。

 

3日間で38人の似顔絵描きました。終わったら灰になっちゃうかもしれません笑。

 

詳細はこちらのFacebookページから見てくださいまし。みなさまの起こしをお待ち申し上げております♩

 

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
OGS(大蔵ゴルフスタジオ)のLINE公式アカウントができました。 フィッティング空き枠情報含め、ゴルフに関する様々な情報を提供していきますので、ぜひぜひご登録くださいませ。 ◎LINEアプリの「友だち」タブを開き、画面右上にある「友だち追加ボタン」→「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャン。 ◎またはLINEアプリの「公式アカウント」で『大蔵ゴルフスタジオ』と検索してください。

 

【友だち追加(QRコード)】

著者

大隈 里砂(リサオ)

大隈 里砂(リサオ)

元インドア文学少女からの、遅咲き・狂い咲きゴルファー。フォトグラファーであり、イラストレーターでもあり、コラムニスト。アーティスト気質の視点は、一種独特の表現にゴルフ業界内でも多くのファンをもつ。その狂った?ゴルフへの愛情の一部をご紹介して行きます。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(39)
コラム(111)
メディア掲載(22)
メーカー紹介(8)
ニュース(5)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(21)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷