ゴルファーのしゃーわせのために楽しいことをどんどん考えてくれる会社。その2:PGM〈後編〉

コラム
2018.10.31

こにちは、リサオです(=゚-゚)ノ

 

昨日の記事の続き、PGMのお話です。〈前編〉はこちらからどんぞ。

 

昨日は大好物の『サバンナ系』コース、KOSHIGAYA GOLF CLUBについてでした。ちなみにクリアビューゴルフクラブ&ホテル(旧:大利根チサンCC)と、練習施設がサイコーに素晴らしいザ・インペリアルカントリークラブもサバンナ系。 なにしろ練習環境がすんばらしいインペリアルCC 練習場だけの利用もできるので、練習場専用のエントランスがあります。ああ、ここんちの子になりたい。

 

あと、今まで行った数多のゴルフ場のなかで最も衝撃的なコースもPGMでした。神奈川県伊勢原市にあるその名も伊勢原カントリークラブ。アップダウンが激しすぎてクラブハウス〜コース間はゴンドラ利用 見える景色はこんな感じ。たまりません。雲が山につくる陰影が大好きです ダイナミズム溢れる谷超え まあほんとにアップダウンとスケール感が尋常じゃなくて、秘境感も満載で、すごい楽しいアドベンチャーワールドなんだけど、ここ、PGMになる前はOUT/IN/南で27ホールの歩きのコースだった。やー、歩けません。この獣道みたいなのなんてキャディさんが通ってた道だっていうの。キャディバッグ運んで。なんという体力。なんという根性。

 

そんでね、PGMが素晴らしいなーと思うのは、このどんぶらこな9ホールx3=27ホールにカート道を敷こうとしたときに、南コース9ホールだけどうにもこうにも傾斜が厳しすぎてカート道が作れなかったんだって。そこでどうしたかというと、歩きスタイルのまま、6ホールのショートコースにしたという。発想がステキでしょう。結果的に他に類を見ない面白いショートコースになったわけで。ショートコースって、狭かったり短すぎたり平らで単調だったり、それはそれで基本の練習になるけど、様々なライに対応する練習としては少し物足りなかったりする。ところがここはさすがに元・本コース。グリーンの素晴らしさはもちろん、圧倒的な眺望に、距離もあるし、アップダウンが激しいのでいろんなライで練習ができます。お値段もお手頃なんですよ。2周まわるとさらにお得感があるのでうっかり2周まわったら足腰ガクガクになって久々に心地よい疲労感を味わいました。山登りが好きなゴルファーなら一石二鳥。山下りだけが好きなわたしは尋常ならざる心拍数に、ああ、あたし、生きてる、と思いました。

 

こちらショートコースのスタートホールでございます スタートホールのグリーン奥から今来た道を振り返って驚愕 段ボール敷いてズザザーっと滑り降りたいです 最終ホール谷超え。右下に見えるのがスタートホールのグリーン。どんだけ高低差があるかわかっていただけますでしょか

 

楽しそうでしょ。なのにたぶんあんまり知られてないのがもったいない。春は本コースもこちらも桜がたいそう美しいですよー。話の種にぜひ → 伊勢原カントリークラブショートコース

 

さて、やっと本題。このたびPGMが東銀座にインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』をオープンしました!駅近で手ぶらで来られる練習場です。車持ってなくても大丈夫です。GOLFZONのシミュレーションも完備しているので、友達とわいわいボウリング場感覚で遊びに来るのもよし、真剣に練習するもよし、プロにちょっとだけアドバイスを求めるのもよし、がっつりレッスンしてもらうのもよし。とても多様性のある練習施設です。まさにPGMが言うところの『都市型ゴルファーズラウンジ』。あらゆるタイプのゴルファーと、ゴルファーの友達のノンゴルファーまでも受け入れられる施設って感じがしました。イベントなんかでも使いやすそうなハコだった。

 

PGMはゴルフ場を運営してるわけなので、初心者の面倒を最初から最後まで見られるのもよいことろ。弾道測定器TRACKMANも使えるのでスイングのこと真剣に考えてるプレーヤーにも対応できる。なにより、大丈夫なんですかって心配しちゃうぐらい安いの。たとえば、普通のオープンレンジなら平日昼間50分打ち放題、4名まで使用可で¥3,600。4人で遊べばひとり¥900ぽっきり。個室でも一部屋50分で¥5,400。レンタルクラブ、レンタルシューズともに無料。太っ腹。というか、ぜんぜん儲からないと思う。立地がなにより重要だからって、ひとは多いけど賃料の高い場所を選んでるし。でもそれは、たとえば銀座に買い物に来た親子が「へー、ゴルフ体験だって、やってみる?」みたいになって、ゴルフの入り口になれればいいなと思っているから。ゴルフの『敷居が高い』『おカタイ』イメージを払拭したいから。そしてゴルフを始めるひとを応援したいから。目先の利益でなく、ずっと先の未来のゴルフのために。すごい覚悟。「ゴルフ場以外の運営は初めてなので、利用者からいろいろ教えていただく気持ちでいます」と代表取締役社長の田中耕太郎氏。 プロショップもあります。平日は23時までやってるので、週末ラウンド予定なのにボールがない!ってときでも大丈夫。お仕事帰りに立ち寄れるありがたさ

 

わたし全然PGMのまわしものじゃないんだけど、好きなゴルフ場が多いし、考え方も共感できるし、そこへもってきて今回みたいに採算度外視で新たなチャレンジされたらもう応援するしかなかとです。激しく応援してます。しゃーわせなゴルファーが増えますように。

 

ちょうどタイミングよく、11月1日(木)から3日間、PGMゴルフリゾート沖縄で『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』が開催されます。チャリティレッスン会でお世話になった我らが田島創志プロがコースセッティングされてるんですよー。テレビ放映はもちろん、インターネット中継やAbemaTVでも視聴できます。(→詳細)。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます♡ではまた!

著者

大隈 里砂(リサオ)

大隈 里砂(リサオ)

元インドア文学少女からの、遅咲き・狂い咲きゴルファー。フォトグラファーであり、イラストレーターでもあり、コラムニスト。アーティスト気質の視点は、一種独特の表現にゴルフ業界内でも多くのファンをもつ。その狂った?ゴルフへの愛情の一部をご紹介して行きます。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(15)
コラム(75)
メーカー紹介(8)
ニュース(3)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(21)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷