カップに嫌われる勇気を持てば、パターもまたやさし(Really?!)

コラム
2017.03.18

特派員のT島です。やはりPXGのことを書くと、イイね ドーンと来るんですねぇ。といっても大蔵ゴルフスタジオにとってPXGはごく一部ですよ。まだいろいろな魅力的な商品がございますのよ(ホホホ)

こちらゴルフスタジオであって、ゴルフショップではないわけですよ。何が違うかって???

ゴルフクラブの販売用在庫

ってのが陳列されてない

ディスプレイされているのクラブ、シャフトは全て

試打クラブ、試打シャフト!

なんですね

グリップやボール、手袋などは在庫ありますが、後は全て試打用!!!

人気のロッディオとかも試打できます

ありがたい!! 地クラブとかシャフトとかなかなか試打できないものもドーンと揃っています

試打って、スペースもいるし、インドアなら弾道計測器も欲しいし・・もちろん試打できるクラブも必要なわけですが・・

パターってどこでも試打できますよね

販売用だって打てるし・・・

しかし・・大蔵ゴルフスタジオって、オデッセイとかスコッティ・キャメロンとか無いのです・・・あの・・ここでは変わった(失礼)パターが試打できます。かなり面白い品揃えとなっているんです・・

ロマロとか・・

PXGとか

マスダゴルフさんのパターもあります

変態的な品揃えですねぇ

あの・・突然ですが パターに悩んでますか??

大蔵ゴルフスタジオってスゲーってことばかり書いてもつまんないので、パターについて書いてみましょうかね

あなたのパットがカップに嫌われる理由・・

それの理由はT島的に考えて

4つあります

  1. 打ち方
  2. ラインの読み方
  3. パター(道具)
  4. 考え方

皆さん特に1番を気にしていると思います!!T島もそうでしたよ。『狙ったとこにボールを転がすには、まずまっすぐなラインをまっすぐにストロークせねばならない』こういう考え方でした

真っ直ぐストロークしなければならない ということは・・・

テイクバックも真っ直ぐ引かねばならない・・・

はい。どんどん悩みが膨らんで・・どん詰まりでしたね。T島ですが、クロスハンド、クロウグリップ、長尺、中尺、さすがにサイドサドルはやってみたけどできなかったですが、全て打てます。全て練習しました。『ちょっとそれでラウンドしてよ!』と言われてもすぐ出来ます。だってイロイロやってみた結果です。

凄く悩んでですね、アナライズでパッティングセミナーを不定期でやっている中越豪さんを訪ねました

『テイクバックがまっすぐ引けないんです』

と伝えると・・・

中越豪さんはこう言いました。

『テイクバックがまっすぐ引けない?ってT島さん パター打つ時ヘッドを見てるんですか?!』

T島は

『あっ』

っと思わず声を出してしまいました・・ストロークばかり気になって、ボールを正確にヒットすること、ボールを転がすことを忘れていたのです・・

それからかなりストロークが楽になったのですが、僕のストロークを見ていた彼は・・・

『T島さんカップ見て打って下さいよ。ボールなんか見なくても大丈夫ですから』と言いました。まあまた悩みが深くなってボールをどう転がしたらいいかなんて考え始めるんじゃないのか?!とでも思ったのでしょうか?! しかしまだその頃は、ジョーダンスピースもカップを見て打っていなかった(かどうかわかりませんが、話題になっていなかった)頃です。

この人何言ってるの? と思いましたが やってるうちに・・・

転がりも距離感も良くなってきたので、ボールを見ることが無くなり。ストロークなんか気にしなくなりました。まあその頃からもう悩まなくなりましたね。2番のラインの読み方は、未だ課題があるでしょうが、カップを見ながらラインをイメージすると結構第一印象で当たっています。

えー誤解しないで欲しいのは、カップを見て打てばってことじゃなくて・・真っ直ぐにこだわっても、真っ直ぐ打てるわけじゃないってことです!!! 自分が狙ったところへ安定して打てる打ち方を見つけて欲しいということです

パットは悩んじゃだめです!

ということで4番のパットの際の考え方です。パットが入らないとすぐに『俺イップスなんだよ』って言う人がいます。あのイップスの人って観たことないでしょ?! 残り1mから10mぐらい打つんですよ!!!!!

入らないのが続く=イップス

そんなわけないです。ヘタなんですHETA!なんです下手!! イップスと思うよりもまだ下手と思ったほうがいいです。何故ならイップス=病気ですから治療が必要ですが、下手は練習すれば何とかなります。

下手と思わないでもいいです!!! 入らない時は

俺の日じゃない

と思って下さい。あの狙ったとこに打つ練習はしたほうがいいですよ。パッティングセミナーを受けてみるのもいいでしょう。

大切なことは

1mは必ず入る距離じゃない

と覚悟して下さい!!入らなかったら、NOT MY DAY!でOK!!でもゴルフは最終的に1mのパットから逃げれません。だから断固たる決意で挑戦しましょう!!

今ドラマ(フジテレビ)で”嫌われる勇気”ってのやってますよね?! はい これってアドラー心理学の本で、大ベストセラーとなった『嫌われる勇気』が何故か刑事ドラマになったわけですが、この嫌われる勇気という言葉! T島!頂きました!!

パターで大切なのは・・・

カップに嫌われる勇気!

です。嫌われてもいいんですよ。入れようと思うと入らない。必ず入る距離じゃないんですから、入ったらラッキーです!嫌われてもいいと思えば、悩むことはありません。T島、ですがパターでほとんど悩まなくなりました!!!!そしたらヘッドの大きさとか、慣性モーメントとか全く気にならなくなりました。T島はヘッドが動かしやすい、意外と難しいと言われるパターとかのがしっくりくることがすごく切実にわかるようになりました。

 

だってヘッドが動くんだもん

カップに嫌われる勇気をもって、泣きながらできることをやる!!これです!

カップに嫌われる勇気を持つのにピッタリのパターを大蔵ゴルフスタジオで見つけました

アドラー (ADLLER一応スペルは違いますが・・) という会社のパターです(日本の会社です)

素材はGSSでメイドインUSAだそうです!!!

打ってみましたが、T島的にはかなりソリッドで、好きです

ピンタイプも、かなりクオリティが高いですよ

かなりいい感じでした!! パターにうるさいT島ですが、かなり使ってみたいレベルですね

ということで

SEE YOU!!

 

 

著者

T島

T島

中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

関連するキーワード

カテゴリ
お知らせ(48)
コラム(141)
メディア掲載(23)
メーカー紹介(8)
ニュース(8)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(21)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷