MASUDA CB-01 と島田シャフトKS3001 のベストな組み合わせ

フィッティング
2016.10.24

ゴルフのライバル?のご友人からのご紹介でドライバーをお買い上げからのMASDA CB-01アイアンセットの発注となりました。
161024_2_01
ヘッドスピードはあるのですが、どうしてもボールの手前に入りがちなスイングでした。
グースを試してみるときれいにボールに入りベストなヘッドが見つかりました。

 

どのようなクラブ、シャフトでも器用に打ててしまうため、シャフト選びは難航しましたが、練習場で多くのスチールシャフトを試さた結果、しなり戻りが分かりやすい島田シャフトKS3001 に決まりました。

161024_2_02

161024_2_03
このアイアンでライバルのご友人に勝負を挑んでください(店主)。

 

著者

市川 雄一郎

市川 雄一郎

GDOにて多くのゴルフメーカー、パーツメーカー、プロゴルファーを取材し、ゴルファーへ最新の情報を発信する仕事にかかわる。現在もHOTLIST JAPANのテスターとして多くのクラブを試打している。すべてのゴルファーに合うクラブを作りたい。その思いで2011年に大蔵ゴルフスタジオ町田をオープンする。2016年大蔵ゴルフスタジオ世田谷をオープン。

カテゴリ
お知らせ(44)
コラム(128)
メディア掲載(23)
メーカー紹介(8)
ニュース(7)
試打インプレション(19)
フィッティング(37)
大蔵ゴルフスタジオ世田谷(4)
製品情報(21)
試打会(1)
業界ウラ話(6)
スクール(2)
PXGシリーズの詳細はこちらから
エイミンゴルフアカデミー
ランダムゴルフアカデミー世田谷